高脂血症の症状【脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしやすくなる原因】

病人を治療したりする施設

入院

平野区の病院では病気になった人や怪我をしてしまった人を治すことができるので、このような症状になってしまったら利用することができます。病院の種類は様々ですので、自分にあった病院を見つけることが大事になります。

詳細を読む

血液がドロドロになる病気

医者

高脂血症は自覚症状がほとんどない病気で、血液中に脂質が増えすぎてしまうことにより発症してしまいます。脂質はコレステロールなどを大量に摂取することで、血中に現れてしまうので注意が必要です。高脂血症を治療せずに放っておくと、血液流に血栓ができてしまう可能性が高くなってしまいます。血栓ができてしまうと脳や心臓の血管を詰まらしてしまい、死に至る場合もあるので非常に危険です。

高脂血症は自覚症状がないので早期発見が難しそうに感じますが、血液検査で簡単に見つけることができます。高脂血症は血液の病気ですので血液が重要になります。血液の中にあるコレステロール値をみて判断することができるので、コレステロール値が重要になり、その中でも悪玉コレステロール値が重要になります。この数値が高いほど血液に脂質が含まれていることがわかるので、この数値を下げる努力をする必要があります。数値を下げる方法は脂質を摂取しないことが大切になるので、脂っこい食事を控えたりすることになります。肉の脂身を食べないようにしたり、魚類のたまごを食べるのを控えることが大事です。他にもゆでたまごなども控える必要があります。食生活を変える他にも運動をすることでも、コレステロール値を下げることができます。ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をすることで、健康的な体になりコレステロール値を下げることができます。できるだけ継続させることが大切ですので、毎日実施すること必要があります。

腸内の病原菌を知る方法

病院

病原菌が潜んでいると様々な病気になってしまう可能性が高いので、病原菌がいるかどうかを知る必要があります。そのためには検便検査をする必要があるため、病院などでする必要があります。

詳細を読む